育毛剤の効果と注意~ツゲイン編~

正しい使い方をしてこそしっかりとした効果が得られます。ツゲインの場合は見てみましょう。

育毛剤には外用薬と飲む内服タイプのものがある

塗る薬と飲む薬薄毛に悩んでいる人は、様々な育毛剤を使用した経験があると思いますが、育毛剤には内服薬と外用薬の2種類があります。
育毛剤として知名度の高いものは外用薬のほうで、直接頭皮に使用することで発毛効果を得る方法のものとなります。
内服タイプの育毛剤とは飲むタイプのもので、フィナステリドを配合しているものとミノキシジルがあります。
フィナステリドとミノキシジルに関しては、厚生労働省の認可を受けている男性型脱毛症の治療薬として使用されています。
内服タイプの飲む育毛剤として、男性型脱毛症であるAGAの症状に高い効果があると考えられているものがプロペシアです。
プロペシアの有効成分はフィナステリドで、男性ホルモンが原因となって抜け毛や薄毛が増えているときに、症状が発症する原因となっている男性ホルモンの生成を抑制させる効果があります。
フィナステリドを配合しているプロペシアは、医療機関を受診することで医師に処方してもらう必要があります。
内服タイプの育毛剤としては、ミノキシジルタブレットもあります。
ミノキシジルを主成分として配合している飲む育毛剤で、外用液タイプのものとは違って、直接的に体内に取り込むことによって抜け毛や薄毛の症状の改善を図る治療薬となります。
ミノキシジルには血管を拡張させる効果がありますので、血液の循環を良くすることによって頭皮に栄養素をしっかりと届けられるようになります。
ミノキシジルタブレットに関しては未承認薬ということで、医師の処方による購入ができない治療薬です。
購入する方法としては、インターネット上の個人輸入代行業者が行っている通販サイトから注文を行って購入することになります。
ミノキシジルタブレットの効果は、頭皮だけに現れるとは限っておらず、全身の体毛が増える可能性もあります。